性同一障害で悩む人種

性同一障害などが日本では多くなってきている事から精神的なカウンセリングやストレスなどといった分野に注目を集め始めてきています。

性別に違和感を感じる性同一障害

男のカラダつきで生まれ心は女というのは物心がつき始めた頃から1人思い悩む事になります。
どうして周囲の友達とちょっと違う相手を好きになってしまったり好きになってしまったりするのであろうか?
どうして制服や体操着などに関して違和感を感じたり恥ずかしさを感じてしまうのであろうか?
こういった日常生活の事からして違和感を味わいつつ過ごす事になります。
その悩みを一番に理解してあげなくてはいけないのが本来であったら親ですよね。
しかしその親も初めての経験に関しては同じ様にショッキングを受けるはずです。
そして待望の男の子を授かった親からしたら
「自分の子に限って・・・」
「どうして自分の子がこんな事に・・・」
などと本人以上に現実を受け入れる事ができない場合があります。
そういった事で本人はかなり傷つく事になるでしょう。

偏見の目で見られる現実

カミングアウト(自分が男ではなく女であるという事を伝える)することができる人はまだ幸せです。
世の中には全く誰にもカミングアウトすることができず世間一般的な結婚をして好きでもない相手と子供を作り男の身なりで生活をする事を余儀なくされている方もいるんです。
生き地獄のような気持かもしれませんし、それはそれで割り切って楽しんでいるかもしれませんが辛い日々がある事は間違いないと思います。

今やメディアなどを通してオネエブームとなってきているためニューハーフが住みよい世の中になりつつあると見られていますが実はまだまだそんな簡単に幸せになる事ができないというのが現実です。

仕事も偏りますよね。
飲み屋さんで働いたりするしかありません。
やはり一般的な職場ではまだまだ理解を得られません。
サービス業なら・・・なんて簡単に考えられますが、サービス業といってもまず理解されないでしょう。
それに万が一の間違いが起きてしまうとすぐに人と違うという事から指摘されてしまうのです。

テレビでこういった世界の人間を見ていると楽しそうで羨ましく思いますが実は何の問題も無くその日を生きる事ができている人ほど幸せだと思います。
彼女達には普通の人が経験する事のないような残酷な経験があるはずです。
笑っているから幸せではありませんよね。
笑わずには生きていられないほどの辛さを体験したからこその笑顔なのかもしれません。